推拿

MENU

推拿(すいな)

エステサロン

耳慣れない言葉かもしれません。

行っているエステサロンが少ないという面もありますが、

 

「痛みをとる」ことを目標とする、
漢方薬、鍼灸と並ぶ中国伝統医学のひとつで
ある「推拿(すいな)」をご紹介します。

 

日本において、推拿はマッサージのひとつですが、
中国においては病院に「推拿科」があるほど、
療法として知られています。

 

西洋医学では原因不明とされる痛みや痺れなども、
東洋医学の観点から対処すると治ることがあるのです。

 

推拿では、筋肉と脊柱を整えることを基本とし、
問題原因によって手法を使い分けます。

 

これによってもたらされる効果は多岐にわたりますから、
手法を中心に効果をご紹介します。
もし気になる効果があれば、推拿を用いてみてください。

 

推拿でよく使われるのは「こん法」という手法。
手首を回しながら手の甲を強く部位にこすりつけるような形で、
筋肉の緊張をほぐしていきます。
腫れや痛みにも効果があります。

 

「一指禅推法(いっしぜんすいほう)」は、
親指によってツボの深部まで刺激します。

 

ツボを刺激することから、内臓などの病気にも効果的です。
「拿法(なほう)」は、つかむような形で、
5本指すべてで部位を刺激します。
広い筋肉はもちろん、足首など小さな部位の緊張もほぐすことができます。

 

肩関節が動きにくいときは「揺法(ようほう)」という手技で。
手や足など長い部位の先端をつかんで揺らす「とう法」は、
五十肩や四肢のこわばり、痺れに効果を発揮します。

 

「掌按法(しょうあんほう)」では手のひらを使って圧力をかけます。
広い範囲の筋肉に刺激を与えることができます。
「指按法(しあんほう)」は掌按法と同じように
手のひらを部位に当てますが、主に指で圧力をかけます。

 

ツボなどを深くまで刺激することができ、筋肉の硬化も
解きほぐすことができます。ちなみに、
日本で広く伝わっている「指圧」は、この手技から生まれたものです。

 

ほかにも、背骨のストレッチや腰の位置を正常に回復させる手技で、
ぎっくり腰やすべり症にも対応します。
疲れのレベルが症状として表れてしまっているときによいのではないでしょうか。